Main | October 2004 »

日本に行きます!セミナー&個人セッション

私の仕事(ウェルネスカウンセリング)では、限られた時間の中でクライアントといち早く信頼関係(ラポール)をつくり、本音の奥深くまでしっかり聞き、さらにポジティブな変化を生み出していきます。そのコミュニケーション法のノウハウをまとめてみたら、実はとても簡単なポイントであることを実感し、日本にいる数人の方にお話したところ、「だったらぜひセミナーにして欲しい」というリクエストをいただいたのです。
WBseminar.JPG

広島7月25日、岡山7月26日、大阪7月28日、東京7月31日8月1日と、猛暑の日本に凱旋します。3時間という限られた時間ですが、体験形式でしっかりマスターしていただけるようなセミナーにしようと思っています。

1.ラポール形成のための聞き方 ⇒ 相手をリラックスさせオープンにさせる
2.正しいコミュニケーション目的の設定法 = ニーズの把握
3.ポジティブな変化を生むことば遣い
4.自分を高めるためのセルフコミュニケーション
5.イメージトレーニング

その間個人セッションも行い、たくさんの日本の方にお会いできる、貴重なチャンスです。楽しみ!ご興味持っていただいた方にはメールにてご案内も送付いたします。がんばるぞー。

| Comments (152) | TrackBack (0)

手作りスキンケアの道のり

cosmetics_packaging.jpgことのはじまりは「しみ」:
 これまでは、多くの日本の皆さんと同じく、ブランドコスメにかなり入れ込んでました。いくつかの製品は、ほんとに素晴らしい使い心地。特に問題もなくいろいろなブランドを楽しんでいたのですが、徐々にほほのしみが目立つようになり、、、「Kimiko、そのしみはDr.○○○のスキンケアしかないわよ!」友人のチャイニーズの女性たちからと強力にすすめられたのです。そのDr.○○○とは、日本で発売されているのとは違い、皮膚科の処方がなければ入手できない、ハイドロキノンやレチノールが高濃度に配合されたもの。ピーリングの一種でかなり刺激もあり、皮膚科医の支持の元だけできるスキンケアなのです。それでも、このしみを取るためには、多少の犠牲は払おうと、トライしたのでした。

メディカルコスメでしみとさようなら:
 そのDr.○○○とは、日本で発売されているのとは違い、皮膚科の処方がなければ入手できない、ハイドロキノンやレチノールが高濃度に配合されたもの。、、、ピーリングの一種でかなり刺激もあり、皮膚科医の支持の元だけできるスキンケアなのです。それでも、このしみを取るためには、多少の犠牲は払おうと、約3ヶ月、指示通り使ったところ、しみがほとんど目立たない!にきび跡、そばかすなどポツポツ点になったのは、あまり変わらなかったのですが、面のしみはどれもかなり薄くなりました。この時は、本当に感動!メディカル・スキンケアさまさまだったのですが、、、

一難去ってまた一難?:
 しみ除去の後も、ここ1年はメインテナンスのため、Dr.○○○を週1-2回、くすみが気になる場合は1週間集中して使い続け、しみはばっちりコントロールできる自信が。でもなんだか以前は丈夫がとりえの肌だったのに、皮膚が薄くなった感じ。前は二の腕とかの張りのある皮膚と、顔の皮膚って、あまり差がなかったのに、この1年少しで、顔の皮膚だけ張りと厚みが損なわれた感じ。これって、老化が進行してるってこと?!
メーカー任せでいられない?:
 既存のブランド品も一通りやったつもりだし、さらにテクニカルなメディカルスキンケアも完璧とはいえない。いったいどうすればいいのー!と思っていたところ、社会派ドキュメンタリー映画"The Corporation"を見た。企業が出す商品や情報が、私たち消費者や地球環境を犠牲にしているケースが次々と紹介される。もう、受け身の消費者ではいられないなあと痛感したのです。
 ダイエット、メンタルケアも、基本は自分でいろいろ情報を吟味し、試行錯誤して、自分にいちばん合ったやり方を選んで行く事。でもスキンケアって、あまりにテクニカルで難しそうなので、怠慢してメーカーまかせにしていたのを反省。肌のしくみ、いろんな成分の働きなどについて、ウェブや本でお勉強することにしたのです。

学んで守ろう自分のお肌:
 まず、バイオケミストの肌の基礎知識と、様々な成分の効能について、Smart Skin Care http://www.smartskincare.com/index.html でお勉強。あら、こんなテクニカルな内容なのに、自分で作れるしコストも低いとのこと。だったら、手作りしてみたい!!そこで更にネットをサーフィン。数日間、この手のサイトを読みまくる。
 日本のサイトもたくさんありました。アメリカのものより、私の印象ですが、かなり奥深く突っ込んだもの、スタンダードの高いものがあります。さすが、日本女性の美肌へのコミットメントはすごいですねー。(って言っている私もマニアックですが)
 その中でも、これは!と思った素晴らしいサイトを見つけ、(ブックマークをご参照ください)その内容にそって、いざ、手作りコスメへデビュー!となったのでした。  つづく

*このブログの内容はすべて、私個人の経験であり、スキンケアの効果、反応は、個人個人で異なります。

| Comments (261) | TrackBack (0)

ヒプノセラピーって何?

girl_profile11.jpg[ヒプノセラピーと心の仕組み]ヒプノセラピー(催眠療法)とは、最近特に注目され、私も多く用いるメソッドのひとつです。日本ではまだまだ、「なんだか怪しい」というイメージがありますが、きちんと教育を受けたヒプノセラピストは、いろんなメンタルケアに活躍しています。以下にヒプノセラピーの背景について、ちょっとややこしいですが、まとめてみました。

あなた自身が心の持ち主であるにもかかわらず、心について1)理解している範囲は限られている、2)肝心なことなのにコントロールできない、のはなぜでしょう。心には以下ように、3つの層があり、それぞれが違った役割を担っています。

表層意識(脳の活動の10%のみといわれている)=理論的思考、意志の力、価値判断 意思によりコントロールしやすい。
   
潜在意識=習慣、感情、記憶の貯蔵庫、反射的(主観的)判断 (好き・嫌い)、直感、身体的反射の制御(血圧、唾液、呼吸など) 12歳くらいまでに認知した出来事や、ショックを伴う出来事によってパターン化される。
通常の意識では、理論的思考がじゃまをして、本人にも理解しにくい。(だから潜在意識ってよばれているんですね。)

第三の意識 本人が習得しなかったにもかかわらず存在する知恵、能力、記憶。(例:創造力、啓示、超能力、天賦の才能、など。) ハイアーセルフ、集合意識、第六感、などともよばれる。通常の意識では、理論的思考がじゃまをして、存在さえも認識できにくい。

 習慣、感情、ストレス、身体的反射など、ウェルネスと大きく関わっている部分は、主に潜在意識にあって、意図的にはコントロールしにくいわけです。コンプレックス、ストレスによる過食、恐怖症などの、ありがたくない「心の習癖(くせ)」が、意志の力=表層意識でどんなにがんばっても、なかなか変えられないのはこういった理由からなのです。

潜在意識、第三の意識と調和のとれた関係がもてるようになったら、あなたの人生の夢や目標も、達成可能になり、よりエレガントでパワフルな、あなたらしいあなたになれるのです。ヒプノセラピーとは、潜在意識、第三の意識の扉を開けて、そこにある素晴らしい知恵や力にアクセスし、あなた本来のポテンシャルを開花させる鍵ともいえるでしょう。

[なぜヒプノセラピーは有効なのか]
私たちが自分の行動や心をコントロールするには、通常、意志の力や理論的思考を使いますね。しかしそれだけでは、多くの問題は解決できないのは、上記の潜在意識、第三の意識からおわかりいただけたと思います。
 潜在意識、第三の意識へと入っていくためには、表層意識と潜在意識の間にある蓋のようなもの
=「批判的思考」をリラックスさせることが必要です。ヒプノセラピーでは、さまざまな手法で深いリラクゼーションを達成し、批判的思考を緩めて、潜在意識と第三の意識へそっと入っていくのです。そして、クライアントが抱える問題をこの状態から見つめなおし、必要な知恵、パワー、自信をここから導き出していくのです。
 このように、ヒプノセラピーは、問題の核心をより深く取り組み、自分自身の潜在能力を使ってポジティブな力へと変化させるす、素晴らいしプロセスなのです。また、従来のサイコセラピーよりも、短い期間で改善がみられたというレポートもあります。

[ヒプノセラピーはどんなことに使えるのか]
感情、習慣、ストレス、コンプレックスなど、ヒプノセラピーは潜在意識に関わる多くの問題に有効です。また、アメリカンメディカルアソシエーション(アメリカ医療協会)では、1958年から既に、ヒプノセラピーを有効な代替療法として認知しています。具体的なアプリケーションは、枚挙にいとまがないのですが、以下に私の取り扱った例をいくつか挙げてみました。
-ストレスからくる過食をコントロールし、減量に成功。
-自分の人生の目標をはっきりさせ、日々の生活にはりができた。
-失恋でたちなおれず、落ち込んでいたが、次の出会いへ希望と自信がもてるようになった。
-自分が好きになれず、コンプレックスに悩んでいたが、自分をより受け入れられるようになった。
-過去のトラウマから、自分に合わない男性とばかりつきあっていたが、トラウマを癒し、良くない関係を絶った。
-事業やキャリアの展開に煮詰まっていたが、クリエイティブな将来の展望と、具体的プランを立てることができた。

みなさんが感じている心のニーズは何ですか

| Comments (148) | TrackBack (0)

ウェルネスビューティで行こう!

「ウェルネスビューティ=心身ともに健康な貴方だけの輝き」男性も女性もより多くの方が、ウェルネスビューティを創り出す事ができたら、この社会はもっともっと良くなっていく。そんな思いで、このブログをはじめました。

ウェルネスビューティとは?
ウェルネスビューティとは、心身ともにバランスの取れたライフスタイルを維持し、健康な状態から生まれる美しさです。おしきせの美のイメージは、ここでは無関係、それよりももっと素敵な自分らしい美しさなのです。だからこそ、すべての人が何歳でも手に入れられる美でもあるのです。

カウンセラーとして目の当たりにした「心から溢れ出る美しさ」
 私はカリフォルニアで、「ウェルネスカウンセラー」としてコンプレックス、ストレス、過食症、ウェイトコントロールのカウンセリング、コーチングを行っています。「心」の部分から、その人にあった健全なライフスタイルを見つけ、それを妨げているトラウマやコンプレックスを理解し乗り越えていくのをお手伝いしているのです。
 既に100名を超えるクライアントの方の心と外面の変化を近しく見させていただきました。心が癒されると、皮膚のつや、体形、ファッション、お化粧、あとオーラ、カリスマ性とでもいうのでしょうか、雰囲気が格段に魅力的になるのです。

このブログでは、ウェルネスビューティを創造していくための、心身両方からのアプローチをご紹介していきます。スローライフにご興味のある方にも、関連情報満載(予定!)です。また、私個人の「ウェルネスビューティへのあくなき道」試行錯誤の体験談をご紹介しますね。どうぞよろしくお願いいたします。

| Comments (1383) | TrackBack (4)

Main | October 2004 »