広島でも出会いにありがとう!

韓国ソウルの後は日本です。

まず東京でカウセリングと打ち合わせをし、毎年外資系企業でCorporate Ladder (社内でのポジション)を上がっていく友人たちに会い、東京ならではのテンポの速さと緊張感のあるエネルギーを感じます。

かつてはこの東京のエネルギーに疲れることもありましたが、今はたまに訪れる必要を感じるほど、私のバランスを保つパワースポットの一つとなっています。

そして訪れた広島。この夏サンタクルーズでの「NLPドリームツアー」に参加いただいた皆さんとも再会が楽しみ。夏のNLPの学びを着々とそれぞれのコミュニティーで活かし、皆さんたくさんの貢献をされています。その中のお一人、田邊さんは素晴らしい教育者。

» Continue reading

| Comments (417) | TrackBack (0)

初の韓国ソウルは、、、

脚のリハビリ中で、松葉杖のまま韓国ソウルへ会議とセミナーと敢行しました。荷物を最小限にするためデジカメなしなので、写真抜きです。

食べ物、韓国のクラフト、出会った素敵な人々、ああ、写真がとれずに残念!でも、初めての韓国、これっきりではなくこの先もご縁があるのでは、と思い、次回に希望をつなげましょう。

NLPの若手講師の仲間たちがヨーロッパ、アジア、アメリカから集まり、NLP RAI (Research Association International)という組織を作りました。このNLP RAIを通して、いかに自分たちの国際的なNLPのプログラム作りを研鑽しあえるか、また各国でセミナー活動を発展できるか、それが私たちの課題です。

そのためにソウルについてまず2日間はミーティングです。NLPのアウトカム(問題ではなく目標に視点を置く考え方)フォーカスにのっとり、全員の意見を柔軟にまとめていきます。各国の文化を超えても、きちんと合意を得て、次のステップも各自の責任分担も、なんとか2日目の終わりには決めることができました。

こういう異文化多国籍のグループで、やはり自分は日本人だなと改めて感じます。

» Continue reading

| Comments (175) | TrackBack (0)

エクササイズできない時、どうやって増えた体重を元にもどせたか?メンタル面(前回を参照)プラスこんなこともやっていました

体調、スケジュール、他のなんらかの理由でエクササイズができないとき、どうやって体重とウェルネスを維持するか、という心構え的な側面を前回ではお話しました。

あそうだ、以前のブログをお読みでない方のために、背景を再度説明しましょう。

カウンセリングやセミナーで指導させてもらっている者として、当然私にとって「ウェルネスの実践」はと必須です。ところが昨年末から左足を痛め今年に入って手術など、ほぼ1年間は歩く・走るなどに支障をきたすことになってしまい、今日に至っています。当初体重増加や落ち込みを経験し、それからカムバックし体重も元に戻した、その経緯をここ数回でご紹介しています。

前回ではできなくなったエクササイズの替わりにポジティブな習慣を取り入れて、セルフエスティームを取り戻す、などをお話しました。そうやって、メンタルな部分で落ち着いてきたら、体重を元に戻すための具体的な行動へ移すことがよりやりやすくなるはずです。その具体的な行動とは、、、

» Continue reading

| Comments (95) | TrackBack (0)

運動ができなくても体重やウェルネスを自己管理できるか?答えはYesでした。今年もらった課題です

前回にお知らせしたように、左足に体重をかけられなくなってほぼ1年。体重も当初いっきに増加。自己イメージやストレスも悪化する、というふうに、身体を動かせないことのネガティブな連鎖反応を実感した今年の前半でした。

そこからいまは、なんとか復活。体重も元に戻り安定しています。

年配の方たちの減量のためのウェルネスコーチングも行うこともあり、自らこういう経験も必要だったのでは、と今は思います。さて、その間に学んだこと、行かせると思ったことは、、、

» Continue reading

| Comments (130) | TrackBack (0)

お世話になりました・お世話になってます

今年にわたってずっとチャレンジが続いています。

それは、ウェルネスの実践をゴールにしているのに、脚を傷めて手術やリハビリでほとんど運動ができなかったこと。

Crutch でもって、ずっとお世話になりました。松葉杖です。今も痛みがあるときはたまにお世話になっています。

ずっと運動選手だったり、ビリー隊長のTaeBoをやったりと、こつこつ身体を動かすことを習慣にしていたので、「運動ができなくてもウェルエスは確立できる」ことを、この松葉杖と一緒に学ばざるを得なくなりました、、、などと言っても、実はまだまだ。

» Continue reading

| Comments (1301) | TrackBack (0)

2008年9月コペンハーゲンにて

Nty_seminar_4  初のコペンハーゲンでNLPのセミナーを行ってきました。1つは”The Secret of Naturally Thin You"という体重管理のノウハウについて、もう一つは日本でもご好評いただいた"Power Belief Seminar"の英語版です。

 会場も北欧のシンプルで心地よいデザインセンシビリティーを感じるところ。皆さん英語にまったく問題なくついて来ていただいて安心しました。

 コペンハーゲンは北欧最大の都市、とはいえデンマークの国全体でも人口550万人。ファッショナブルでありながら、どこか懐かしいさを感じる、日本で言えば神戸のような雰囲気です。そして、アメリカと比べると、コミュニケーションスタイルも控えめで、日本的な謙遜や奥ゆかしさ、と似たコンセプトも伝統的に受け入れられています。これはとても興味深く、私自身欧米モードと日本モードの中間でいられて、ある意味心地よかった。日本人にとっても居心地の良い民族性といえるかもしれません。

Madelaine1 同時に、とってもクリエイティブなことが起こっているのもデンマークの素敵なところ。モダンでオブジェのような風力発電機、子供用の積み木から始まったレゴブロック、ディズニーランドのアイデアのもととなったテーマパーク、どれもデーニッシュです。

そこで、私も体験しました。。。これは何が起こっているかというと。。。

» Continue reading

| Comments (774) | TrackBack (0)

鏡にうつるのは―容貌コンプレックスについて(その2)

容貌コンプレックスは実は多くの人が感じていることです。そういう意味では心配することではない、とはいえ他の心身の問題と同じく、極端にそれに執着し苦しむ場合は、まれにBDD(body dysmorphic disorder)という心身症にあてはまるケースもあります。

容貌コンプレックスは、実際の体形や見かけに直接関係しないところで発生している場合が多いのでは、というのが個人的な経験です。第三者からみると、本人が嘆くような問題はさっぱりわからない、でも本人が鏡に見ているのは、嘆くべき姿だというのです。それは「こんな自分は受け入れられない」という思いにマッチする「架空の姿」なのかもしれません。

» Continue reading

| Comments (455) | TrackBack (0)

キレイになりたいーー容貌コンプレックスについて(その1)

  久し振りに日本の女性誌などを見てみると、「キレイになりたい!」という願望がひしひしとうかがわれます。その成果もあってか、確かに日本の女性はとても若々しくきれいな方が多い。海の外から見ると、よくわかるのです。

 そしてそんな「キレイになりたい」という思いに、少し距離を感じる私です。それはなぜ?と自問自答してみたら、美しさを100点満点とすると、「自己評価40-50点でまぁいいかと言える自分」になっているから。

 うーん、我ながら40代後半ともなると、開き直りか?しかし、その背景には、私自身が20代から30代前半まで深刻な容貌コンプレックスに悩まされ、軽度うつと開所恐怖症を併発したこと。その後心理学、ヒプノセラピー、NLPを学び、自ら実践するうちに乗り越えることができた、という経緯があります。

» Continue reading

| Comments (144) | TrackBack (0)

ロールモデル

「ロールモデルがいない」と言っていた昨日までの私。

聡明な友人と話すうち、自分の盲目さに気づく。

私の母、彼女の叔母様。

厳しい人生に何度も叩かれながらも、

見事に健康に老年を迎え、コミュニティの中で愛されている。

見事に子供を育て上げ、いまだに働き者。

見事にくしゃくしゃな笑顔を忘れることなく、被害者意識を持つこともなく。

被害者意識を持つ余裕もなかった過去から、這い上がってきた彼女たち。

すばらしい功績やキャリアじゃない。

とりたててしっかり者なわけでも、裕福なわけでもない。

でも、必死で生きた人間の優しさがいっぱい。

楽しそう。満足してる。必要とされてる。

人のせいにしない。

「ロールモデルがいない。」いる、いる。すぐそこに。

70代の彼女たち。私はあと30年ある。そこまで行けるかなあ。

| Comments (207) | TrackBack (0)

セミナーお問い合わせありがとうございます!

WBseminar [写真:昨年のセミナー模様です。この頃だけパワーポイント(コンピューターのプレゼン)ではなく、手書き!!でした。でも、楽しく皆さん参加していただき、盛り上がりました。]

 このブログとWBIのサイトを通じて、セミナー申し込みのお問い合わせをいただきました。ありがとうございます!

 あまり宣伝という形にしたくなかったので、詳細を載せていなかったのですが、直前でゴールデンウィークということもあり、主催団体(日本アロマコーディネーター協会さん)と連絡がつかないとのご指摘で、今日はセミナーの詳細情報を掲示板代わりに掲載させていただきますね。

 ゴールデンウィークの最後のほうで、ちょっとこんなことも面白いかもと思われるかた、ぜひk_wellness@yahoo.co.jp までご連絡ください。もしそうでなくても、私って日本ではこんなこともしてるんですよ、というご紹介まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 癒しをみちびくポジティブコミュニケーションセミナー 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「人と関わっていくうえで、ポジティブな影響を与えられるようになりたい。」
 「心の癒しとは、本当に可能なんだろうか?
  それは、どんなプロセスでおこるのか?」
 「セラピスト、カウンセラーになることに興味があるけれども、
  どんな人だったらなれるの?」
 「悩んでいる友人、家族、お客様を
  少しでも助けてあげられるようなコツを知りたい。」

 そんなご質問、ご興味にお答えして、200人を超えるクライアントに癒しと成果を与えてきたカリフォルニア在住ウェルネスカウンセラーの Kimikoが、その成功の秘密とノウハウをわかりやすく紹介します。 

 ・NLP(神経言語プログラミング)
 ・ヒプノセラピー(催眠療法)
 ・ コーチング など

 様々な先端のメソッドに共通する、癒しのプロセスを見出し、ユニークな理論
 と楽しいエクササイズを合わせた、実習式のセミナーです。
 これら理論やメソッドを紹介できるのは、日本でもまだ限られたカウンセラー
 だけでは?他では学べないものにしたいと思っています。

 ★セミナーの内容
 1.心の仕組み
 2.傷ついた心は修理できるもの?癒しのメカニズム
 3.セラピスト・カウンセラーの役割・能力
 4.ラポール(信頼関係)と癒し
 5.ラポールづくりのテクニック

 ★日時: 

  • 大阪5月7日(土)13:00~16:00
  • 東京5月8日(日)13:00~16:00
  • 広島5月11日(水)18:30~20:30
  • 岡山5月12日(木)18:30~20:30

      
 ★場所: 大阪 リラクゼーションビジネススクール 大阪市中央区南船場3-5-8

                日本生命心斎橋ビル (心斎橋駅より東急ハンズ向かい)

       東京 Forum8 渋谷区道玄坂2-10-7 (渋谷ハチ公口より徒歩7分)

       広島 マックス袋町  広島市中区袋町2-13ちけいビル3F

     岡山 岡山西ふれあいセンター 岡山市妹尾880-1

 ★費用: 東京・大阪 6,000円  岡山・広島 5,000円

 ★ゴールデンウィーク中のお申込み・お問合せ:

            WBI日本事務局 林 えり子 090-3174-1471
            
k_wellness@yahoo.co.jp

というわけで、今回はゴールデンウィーク緊急連絡用ということで、こんな内容にさせていただきました。ご参加される方、もうすぐお会いできますね!楽しみにしています。

| Comments (3355) | TrackBack (0)

«カリフォルニアの春って、、